Staff Room

by chinami

この時期、観たい映画

IMG_6404

何度観ても、泣けてくる映画ってありますか? 私はこの「ホリディ」がツボです。

ラヴコメディーだと思うのですが、それぞれの登場人物の気持ちが染みてきてダメです。

この映画はタイトルどおりホリデー休暇のお話で、ちょうど今のシーズンにピッタリなので

家で仕事中に流したりしています。でも、やり過ごすことができず手が止まり、遂にはどっぷり見入ってしまい…。

holiday5 holiday10

2007年に公開されたこの映画。監督はナンシー・メイヤーズ。

ストーリーは、それぞれに失恋した2人のヒロインが、家も車もそっくり交換する「ホーム・エクスチェンジ」をネットで申し込んだことから展開します。(日本では馴染みのないシステムですよね。)

L.Aのモダンな住宅に住むキャメロン・ディアスと、ロンドン郊外の田舎のコテージに住むケイト・ウィンスレット。

この2人が休暇中に家をチェンジして、見知らぬ土地で新しい生活をするのです。

そこで巻き起こる新しい出会い、そして新しい恋。
holiday1 holiday17

対照的な2つの家のインテリアも興味深いところです。

それから、この映画には随所にちりばめられた古い映画へのオマージュ的な演出を見つける楽しさもあります。

クロード・ルルーシュの「男と女」的な演出、ファッションや音楽。

holiday13

豪華なキャストが微妙な心模様を丁寧に演じていて、とても切ないのです。

あのクールガイのジュード・ロウが、キャメロンとのさよならの後に泣いちゃう所、特に好きです。

 

人生に失敗しても、変化を恐れずに新しいステップを踏みだそう、と、そっと背中を押してくれる映画。

前向きになりたいときにもオススメの大人のロマンティックストーリーです。

 

お店では時々この♫サウンドトラックをかけています。

ハンス・ジマーの美しい音楽がまた心地良いです。

サウンドだけならお仕事の手は止まらないですからね。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

by chinami

夏の終わりのボサノヴァ

残暑きびし〜い東京出張から戻ると、お店の裏から鈴虫の鳴き声が・・・。

信州はすでに秋の訪れ。少しさみしい。あんなに暑くてイヤだと言ってたくせに。

去りゆく夏を惜しみながらいつも聞きたくなるのが、ギターと歌だけのシンプルなボサノヴァ。

ギターがポロロン♪ 鈴虫がリーンリーン。。。 なかなかのコラボレーションです。

 

7年後のオリンピックが東京に決まりましたね! でも、忘れてはいけない3年後の開催国はブラジル、リオデジャネイロ!!

リオで生まれたボザノヴァは開会式に使われるかしら。やっぱりサンバの迫力にはかなわないか...。

でもきっと、ジョイスあたりがギターで「♪イパネマの娘」を歌うに違いない、

ジョアン・ジルベルトはシャイだし、もう高齢になってるからきっと出演してくれない、

セルジオ・メンデスはおじいちゃんだけど、はりきって「♪マシュケナダ」を演奏するだろう、、、

などと勝手に思いを巡らせてみる。

夏のボサノヴァもいいけど、秋もいい。 朝でも昼でも夜でもいい。でも夕方が一番いい。

結局、いつ聴いてもいいのです。

 

by chinami

♪クリスマスの定番♪

毎年クリスマスが近づくと、必ず流すアルバムがあります。

シンガーズ・アンリミテッドの「クリスマス」。

雑貨の仕事に携わりウン十年。クリスマスアルバムのコレクションも50枚を超えました。

クリスマスと言っても、その年その年のトレンドや、世の中の気分があり、流す音楽も変えてきました。

しかし、このアルバムだけは、変わらず毎年聴きたくなるのです。

コーラスの清らかさに、ジャズの洗練されたセンスがあいまって、本当に ”美しくカッコイイ” 。

40年も前に録音されたとは思えない新鮮さ、こんなアルバムそうはないと思っています。

このシンガーズ・アンリミテッドを知ったのは、かれこれ25年ほど前。

日曜日の山下達郎のFM(今も続くご長寿番組)で、このグループが紹介された。

初めて聴いたそのコーラスは、ゴスペルでも、聖歌隊でも、ドゥーワップでもない。

泣きたくなるほどの美しさ。。。

なにこれ!すごくいい!と、一目惚れ、いえ一耳惚れし、レコード屋さんへ駆け込み、取り寄せてもらったのでした。

(当時はAmazonもなく、こうしてアルバムをゲットしていたのデス。)

それから長い間、クリスマスシーズンを共に過ごしてきました。嬉しいときも悲しいときも...。

 

心が洗われるこの音楽を、今年もお店で流せる幸せに感謝して、さあ、忙しいシーズン!がんばろう。

 

 

 

 

 

 

 

by chinami

北欧ジャズ

今年の冬は本当に寒い。いったい何度目の寒波でしょう。

今日も氷点下が続きます。

近くの諏訪湖も全面結氷し、御御渡りもできました。

寒いのは苦手ですが、ピーンと張りつめた空気は、

清らかく、どこか神々しささえ感じさせます。

こんな2月によくお店で流しているのが、北欧のジャズ。

深い森と湖で育った音楽が、なんだかとてもよく似合います。

スウェーデンのロヴィーサ。

丁寧でナチュラルな歌声が流れると、固まった体が、少しずつほぐれていくようです。

時間がゆ〜ったり流れ、日々のせかせかした自分を反省。

彼女の透明な歌声のように、心もすっかり透き通った気になってしまい・・・

よし!たとえ傷ついても慰めてくれる音楽がここにある!と思え、

また前向きに今日も頑張るのです。