Staff Room

by chinami

寝苦しい夜の4つのセオリー(私的趣味編)

猛暑の日々、皆さまいかがお過ごしですか?

今年は梅雨明けと同時に酷暑が始まり、ここ信州でさえ連日30度を超えて、もはや避暑地と表されるには申し訳ない状況です。

夜はゆっくりお休みできていますか?

言うまでもなく、良い睡眠が取れないと昼間の体調や、気分に悪影響を及ぼしますよね。

ましてや、このコロナ禍。十分な睡眠で体力をつけて感染予防に臨みたいものです。

 

そこで夏の寝苦しい睡眠を助ける、とっておきグッズを、私的チョイスでご紹介します。

(HPのこのコーナーでは時折個人の趣味が反映されております.ご了承を。)

 

1.Duranceピローミスト「クールナイト」

枕やシーツにシュッとひと吹き。

穏やかな香りに包まれて安眠を誘うピローミストです。

様々な香りがありますが、中でもこの「クールナイト」はずっと愛用しています。

その名前からメンソール系の爽やかな香りと思われがちですが、実はオレンジのお花「ネロリ」の香りなのです。

華やかな中にも苦味を感じさせるちょっと玄人好みの大人の香り。そう言う意味での「cool night」なのではないかと勝手に理解しています。

昼間は、消毒アルコールの爽やかメンソール系の香りに溢れていますので、夜は同じ系列の香りより、少しクセのある香りの方がリラックスできたりします。

大好きなオレンジブロッサム(ネロリ)の香りは、私の脳を南国の夜へ旅立たせてくれます。

 

2. カディコットンのピローケース

Khadi(カディ)は、インドの手紡ぎの糸を手織りした布のことです。

丁寧に手で紡がれた糸は機械を使った生地とは違って、ムラがあり張りもゆるい、その分空気をはらんで、と〜っても柔らかくて優しい肌触りなのです。

吸湿性、速乾性が優れているので、汗をかいてもじっとりせず、本当に気持ちがいい。

もう他の枕カバーは使えません。何年も一年中カディコットンを使用していますが、特に夏に威力を発揮してくれる生地だと思っています。

※余談ですが...お店ではこのカディのピローケースが廃盤になるのを恐れ、大量に買い付けましたので、ぜひ一度お試しを(笑)

 

3. ジンをちょっと...

突然ですがお酒の中でジンが一番好きです。

ハーブを感じられる特にジュニパーが効いているジンがお好みです。

(画像はまろやかな爽やかさの「Boodles」。昔のボトルデザインとラベルが好み。)

そしてジンは、いろ〜んな意味で体内&脳内の毒素を消毒してクリアにしてくれるような気がするから好きです。(また勝手な思考?)

暑い夜には大きな氷を入れたグラスに少しだけ注ぎます。(寝る前なのでほどほどに)

ミントがあればちぎってたっぷり入れて。

溶ける氷の音も涼やかに体温が下がって、す〜っと。

 

4. そして、、音楽

耳に心地よい音楽があれば、これで完璧に眠れます。

歌詞の無いものがいいですね。考えてまた眠れなくなるから(笑)

涼しげなピアノ、ギター、深いチェロの調べ...

囁くように歌うボサノヴァは大丈夫^ ^

いかがでしたか?

少しは寝苦しい夏の夜のお助けになったでしょうか...。

 

それでは、

おやすみなさいませ。

皆さまもどうぞごゆっくり...。

 

 

✴︎インスタグラムでは、随時おすすめの香り(きっと誰もががお好きな香り)を中心に

ご紹介しています。ぜひご覧ください。