Staff Room

by chinami

今年恋した身近なイギリス

ロンドンオリンピック、エリザベス女王即位60年、最近ではキャサリン妃の妊娠と、今年はイギリスの話題で

大いに盛り上がりました。

オリンピックの開会式好きな私は、様々なイギリスの演出に感動し、

ダイアモンド・ジュビリー式典では、テムズ川を舞台に繰り広げられる歴史絵巻に心躍り、

朝までテレビに釘付けになったのでした。

そして今年は、身近にもあるいくつかの素敵なイギリスと出会いました。

 

まずは、私たちのオシャレ番長ことタケちゃんが所有するミニクーパー。

これが半端なくオールドブリティッシュでカッコいい!

細部までこだわりぬいて、イギリスの田舎から走ってきた?...かと思ってしまう。

      

シートやハンドルもこのとおり、昔のままのレザーやウッドで、深〜い色だったり、

ご自慢のエンジンルームも、詳しいことは解らないけど、なんだかとても美しい。

彼のお家にあるアンティークなミニグッズの数々。

特に感動したのは「BMC」の木箱!

プラグ入れらしいのですが、赤やブルーがなんとも言えずいい色で、ロゴもカッコいい。

「BMC」(ブリティッシュ・モーター・コーポレーション)1966年まで存続した自動車メーカーで、

ミニクーパーってローバー社だと思っていたら、それは、最近の話だった。。。深いなあ、イギリスの歴史。

 

次に恋した今年のイギリスは、「BOODLES」というジン。

このボトル。いい感じでしょ。すごくイギリスっぽい。

ジンは今までカクテルで頂いてましたが、今年の夏は、このジンのお陰で、ロックデビューを果たしました。

本当に美味しいジンの、香りの素晴らしさに出会ってしまったのです。

私たちがアロマテラピーで使うジュニパーベリーがジンの香り付けです。

ジュニパーはデトックス効果があるから・・・と都合のいい言い訳をして、

遥かロンドンに想いを馳せつつ、グラスを傾けた今年の思い出です。

 

by chinami

♪クリスマスの定番♪

毎年クリスマスが近づくと、必ず流すアルバムがあります。

シンガーズ・アンリミテッドの「クリスマス」。

雑貨の仕事に携わりウン十年。クリスマスアルバムのコレクションも50枚を超えました。

クリスマスと言っても、その年その年のトレンドや、世の中の気分があり、流す音楽も変えてきました。

しかし、このアルバムだけは、変わらず毎年聴きたくなるのです。

コーラスの清らかさに、ジャズの洗練されたセンスがあいまって、本当に ”美しくカッコイイ” 。

40年も前に録音されたとは思えない新鮮さ、こんなアルバムそうはないと思っています。

このシンガーズ・アンリミテッドを知ったのは、かれこれ25年ほど前。

日曜日の山下達郎のFM(今も続くご長寿番組)で、このグループが紹介された。

初めて聴いたそのコーラスは、ゴスペルでも、聖歌隊でも、ドゥーワップでもない。

泣きたくなるほどの美しさ。。。

なにこれ!すごくいい!と、一目惚れ、いえ一耳惚れし、レコード屋さんへ駆け込み、取り寄せてもらったのでした。

(当時はAmazonもなく、こうしてアルバムをゲットしていたのデス。)

それから長い間、クリスマスシーズンを共に過ごしてきました。嬉しいときも悲しいときも...。

 

心が洗われるこの音楽を、今年もお店で流せる幸せに感謝して、さあ、忙しいシーズン!がんばろう。