Staff Room

最新⁉︎ ホーチミングルメ事情

毎年買い付けで訪れるベトナム ホーチミン。この街の変化には驚くばかりです。今回は私なりに感じた「変化するホーチミンのレストラン、カフェ情報」をお伝えします。なので、今回は大好きなベトナム料理からちょっと離れます。急激な発展を遂げる「今」のホーチミン最新情報です。

  

サイゴン川対岸の2区。ここには高級住宅街ならではのセンスの良いレストランが増えています。 在住の友人夫婦が朝食に連れて行ってくれたのは新しいカフェレストラン。

そば粉のパンケーキが絶品です。器使いに少しベトナム色が感じられて好きでした。

 

  

次は今、急速に増えているというベルギー人のお店。ホーチミンで本格的なベルギービールとお料理を頂けるとは....。ビールの品揃えも多く楽しいです。このお店は倉庫のような創りとインテリアがカッコ良く、まるでN・Yのよう。何処にいるのか一瞬わからなくなりました(笑) そういえば数年前にベルギー人が始めたチョコレート店も大人気。お土産の定番になっているほどです。

 

 

おしゃれなお店が続々と。フランス人経営のこのレストランのインテリアもとても洗練されていました。アンティークのカウンターにランチのビュッフェが素敵に並べられていて、美味しそうでした。生憎、お腹がいっぱいで見送ったのが心残り(笑)次回は絶対行きます。

 

 

 

最後はカフェ。今どきスタイルのお店を何件も見かけました。バリスタがこだわりの本格コーヒーを淹れてくれます。店内はバイクで乗りつけた若者でいっぱい。ゆっくり想い想いの時間を過ごしています。

逆に、昔ながらのベトナムコーヒー(アルミのフィルターでコンデンスミルクの上から淹れるタイプ)が飲めるお店はめっきり減りました。

 

 

多国籍のおしゃれなお店が増え、食事のチョイスの幅も広がったホーチミン。

本当に都会になりました。

でもでも、最後にはやっぱり定番のベトナム家庭料理店へ行きたくなるのでした。

 

太陽 をいっぱい浴びた金色 レモンをどうぞ


爽やかなレモンの香りをぎゅーっと閉じ込めたミストが人気沸騰です。南フランスのリゾート地で有名なコート・ダジュール。
イタリアとの国境にあるマントンは、温暖な気候でレモンの産地として有名な小さな港町です。
ここマントンで、太陽の光をきらきらと浴びて育ったレモンの香りをお届けします。
そのネーミングもまさに「シトロン ドール」。

暑い夏の夜、目を閉じればそこに、コート・ダジュールの碧い海と青い空、そしてマントンの町を吹き抜ける風が、搾りたてのレモンの香りを運んできてくれるでしょう。
リラックスしたい時やお休みになる前に、枕やシーツなどリネン類にスプレーしてお使いください。
ルームスプレー、オード・トワレとしてもご利用いただけます。
 

サンタール・エ・ボーテ
シトロン ドール (ピローミスト) ¥1,200 (税別)


サンタール・エ・ボーテ

サンタール・エ・ボーテ社は、南仏プロヴァンスのエグモルトで自社による香水や化粧品を製造しています。
原料は国内から仕入れており、すべての香料は香水で有名なグラース産のものを使用しています。
大人気のフレンチクラッシックシリーズをはじめ、シンプルで高級感と清潔感に溢れた商品を数多く生み出しています。