Staff Room

この時期、観たい映画

IMG_6404

何度観ても、泣けてくる映画ってありますか? 私はこの「ホリディ」がツボです。

ラヴコメディーだと思うのですが、それぞれの登場人物の気持ちが染みてきてダメです。

この映画はタイトルどおりホリデー休暇のお話で、ちょうど今のシーズンにピッタリなので

家で仕事中に流したりしています。でも、やり過ごすことができず手が止まり、遂にはどっぷり見入ってしまい…。

holiday5 holiday10

2007年に公開されたこの映画。監督はナンシー・メイヤーズ。

ストーリーは、それぞれに失恋した2人のヒロインが、家も車もそっくり交換する「ホーム・エクスチェンジ」をネットで申し込んだことから展開します。(日本では馴染みのないシステムですよね。)

L.Aのモダンな住宅に住むキャメロン・ディアスと、ロンドン郊外の田舎のコテージに住むケイト・ウィンスレット。

この2人が休暇中に家をチェンジして、見知らぬ土地で新しい生活をするのです。

そこで巻き起こる新しい出会い、そして新しい恋。
holiday1 holiday17

対照的な2つの家のインテリアも興味深いところです。

それから、この映画には随所にちりばめられた古い映画へのオマージュ的な演出を見つける楽しさもあります。

クロード・ルルーシュの「男と女」的な演出、ファッションや音楽。

holiday13

豪華なキャストが微妙な心模様を丁寧に演じていて、とても切ないのです。

あのクールガイのジュード・ロウが、キャメロンとのさよならの後に泣いちゃう所、特に好きです。

 

人生に失敗しても、変化を恐れずに新しいステップを踏みだそう、と、そっと背中を押してくれる映画。

前向きになりたいときにもオススメの大人のロマンティックストーリーです。

 

お店では時々この♫サウンドトラックをかけています。

ハンス・ジマーの美しい音楽がまた心地良いです。

サウンドだけならお仕事の手は止まらないですからね。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

懐かしのフェアアイルセーター

懐かしのフェアアイルセーター

Harley of Scotlandの軽くて暖かいニットがこの冬大注目です。
編み込みの模様が入ったこんなニット、ちょっと懐かしくないですか?
「学生の頃よく着ていた~」と、ある年齢以上の方がとても反応してくださいます。
そして今またトラッド流行の流れに乗って、このフェアアイルセーター(※)の復活、人気が高まっています。
そもそも、タータンチェックしかり、アーガイル模様しかり、伝統的なものに流行はないはずですが、
今シーズンはこれらがとても新鮮に感じられます。
ノスタルジックの中に新しい魅力。
学生の頃とはちがう、大人の着こなしで再び楽しんでみましょう。
インにシャツを着たり、ミモレ丈スカートに合わせたりするのもオススメです。

厳しい自然環境で育つシェトランドシープの毛は、軽くてふっくら。快適な着心地です。
驚くほどの軽さは、肩、袖、身頃に継ぎ目がない「シームレスニッティング」というハーレー独特の編み方のためです。

フェアアイル柄の他には、ボーダー柄、美しい発色の無地も取り揃えております。
タイプは、シンプルなクルーネック、女性らしいオープンネック、ワンピース型、カーディガンなど。
どれも飽きのこないトラディショナルなデザインです。
きっと、あなたの愛着の一枚になることでしょう。

各¥14,000〜

 
フェアアイルセーター(※)
英国フェア島が発祥。幾何学模様を繰り返したデザインが首元と手首にぐるりと編み込まれたセーターのこと。

 

Harley of Scotland
Harley of Scotland (ハーレー・オブ・スコットランド)
1929年に設立されたイギリス・スコットランドの老舗ニットウェアメーカー。
創業者のPeter Harley Buchanがスコットランド北部の厳しい自然と、伝統的なハンドニット工業を目にしたことからハーレーは始まりました。
ハーレーの柔らかく軽いニットウェアは、世界的に高く評価され続けています。
継ぎ目を作らないシームフリー技術を早期に導入し、スコットランドの天然繊維や伝統を守りながらも新たなチャレンジを続けています。