Pickup Item

サンアルシデのカゴバッグ

Sans Arcidetはフランス人姉妹によるバッグブランド。
マダガスカルでハンドメイドで作られるラフィア(やしの木の葉)のバッグです。
エスニックとパリのエスプリがほどよく調和した上品なテイストが大人の女性に人気です。


毎年届くのが楽しみですが、今年は持ち手がレザーのデザインが新登場!

丸い形は、物がたくさん入る割にはコンパクトに決まります。
ショルダーは、絶妙な長さバランスが、こなれたオシャレ感を醸し出します。
内布のドット柄は毎年変わりますが、今年は写真のような色目。
決してチープにならない温かさを感じるキュートなバッグ達です。
上質で長持ちするので、2個目、3個目と増やしていく方もちらほら・・・。

お買いものやお出かけに気軽に持って下さい。
お揃いの帽子もあります。
¥14,700~

Sans Arcidet
フランスのバッグブランドサンアルシデ社は2000年、コリーヌとミリア姉妹によって誕生しました。
コリーヌはインド洋に浮かぶマダガスカル島に住み、デザインから生産までを担当しています。
コレクションの80%以上がマダガスカル島の女性たちの器用な手作業です。
2002年12月、パリのマレ地区に小さなショップをオープンし、そのショップは瞬く間に多 くのファッションピープルの話題になりました。

セニョールカチャマイさんのお茶

GWも母の日も終わり、新緑が眩しい季節がやってきました。

とは言え、日々の寒暖差の激しさといったら異常なものがあります。

夏日があるかと思えば、翌日は10度以上下がり、暖房をつけたり・・・。

体調がスッキリしないのも無理はありません。

お客様もなんとなく不調。。。という声をよく聞くこの頃。

そんな時のお助けは「ハーブティー」。

スタッフルームでは銘々好きなものを飲んでいますが、

不動の人気を誇るのがこの「カチャマイティー」

愛らしいロバがシンボルのアンデスのお茶です。

「カチャマイ」とはペルー先住民の言葉で「ハーブは体にいい」という意味だそうです。

なんと分かりやすい!

その名から「セニョールカチャマイ」と呼ばれている創始者は、薬剤師としての知識を生かし、

愛するアンデス山脈の良質なブレンドハーブティーを作り上げました。

ポレオ、カモミール、コリアンダー、ペペリナ、ミント、フェンネル6種類のブレンド。

聞き慣れない南米ハーブもミックスされていますが、味はすっきり、でも複雑で病みつきになるおいしさです。

免疫力アップ効果があり、特にアレルギー持ちの私は、このお茶なしで花粉時期は乗り切れません。

薬草のパワーでしょうか、元気が出ます。まさに‘アンデスからの贈り物’。

皆様もぜひお試し下さい。

夏は冷たくしてみんなでゴクゴク飲んでいます!

 

 

 

 

桜めぐり

一番好きな季節、春がやって来ました。
今年は沢山、桜を見ました。

松本城の夜桜、諏訪 上川沿いの桜と水仙並木


そして、ずっと見たかった福島県三春町の滝桜

GW前半、お天気にも恵まれ花見客でいっぱい
樹齢千年の大木に、見事に流れ落ちる桜。
去年の大地震にも耐え、静かに咲きほこる姿を見て
日本人の魂を感じました。