Pickup Item

夏限定!リゾートに誘い出す香り


今年の夏は特別に暑いですね。こうなったらいっそのこと、暑さを楽しんでみましょうか。
まるで常夏のリゾートへ旅した気分に変えてくれるルームフレグランスのご紹介です。

この夏、人気のフランスメーカー「Durance(デュランス)」から届いたのは、とっても魅惑的な2つの香り。

・トロピカル サンセット
ビーチに降り注ぐキラキラした太陽をイメージした香り。
あたたかみのあるトロピカルな香りは、ジャスミンとティアラのフローラルとバニラとココナッツの甘さにムスクをブレンド。

・カクタス オアシス
涼しさを感じさせる爽やかなオアシスをイメージした香り。
エレガントなウッディーな香りに官能的なバニラをブレンドさせ、瑞々しいサボテンの香りを表現しています。

この2つのサマーコレクションの香り、あなたはどちらがお好み?
ぜひパラボッサ店頭で体験してみてください。

香りの持つ力は不思議です。
いつもの空間を、ちょっと疲れた気分を、さっと変えて時に爽快に、時に優しく包みこんでくれる。

この酷暑、少しでも快適になれるお手伝いができたら、嬉しいです。

 

ルームスプレー(100ml) 各¥2,800 (税別)
フレグランスブーケ   各¥3,600 (税別)

Durance
Durance
デュランス社はフランス・プロヴァンス地方のグリニャン城を見下ろす広大な敷地にラベンダー等の畑とオフィス・工場を所有し、製品の製造・販売を行っています。
「製品に使用するエッセンス・香料はできる限り自社の畑で有機栽培し、その他の香料も厳選されたものを使用する」というのが彼らのポリシーです。
デュランス社は大地の恵みを豊かに取り入れた、プロヴァンスの香りを世界に届けるトップブランドです。

’18 ホーチミン買付品ご紹介 [テーブル.インテリア編]

シェルや水牛の角のカトラリー。今回はテーブルやお部屋でお使いいただける商品をご紹介します。

水牛の角はずっと好きな素材です。もちろん天然素材なので、一つ一つ色味や表情が違います。

  

サーバーや大きめスプーンはテーブルで大活躍。

和洋問わず、どんな食器とも合わせられます。ギフトにもおすすめ。

  

 

いつも大人気のシェルスプーン。いろいろなサイズでご用意できました。白い貝、そしてピンクの貝も。

アイスクリームに使ってみてください。幸せな時間が訪れます。

      

 

普段使いできるタイプもいろいろと揃えました。

       

 

インテリアでは、麻の上品なクッションカバー。繊細なタッセルが素敵です。

フランス人デザイナー「カトリーヌ.ドゥヌアル」の作品です。 カクテルナフキンや刺繍ハンカチも。

 

普段の暮らしに溶け込むものがほとんどです。

どうぞ店頭でお手に取ってご覧ください。

’18夏 買付品ご紹介 [ファッション編]

6月の終わりホーチミンへ買付に行ってきました。毎年好評のお洋服や、新しいデザインのかごバッグなどを、お客様スナップと共にご紹介します。(*掲載の許可をいただいた方のみ載せています)

元気が出そうな明るい色、新鮮な柄、いつもの無地コーディネイトに取り入れてみませんか。

 

ベトナムの丁寧な仕立てのワンピースはどこか懐かしくて。

   

 

リネンワンピース。綺麗なシルエットです。

 

ドレープが美しいこちらもワンピース。秋でも使えるカラーで揃えました。

 

毎年人気の型のチュニック。パンツと相性よしです。

 

 

単品のコーディネイト。 鮮やかなスカートは日本のトレンドですね。柄のトップスと。

 

 

 

今ホーチミンで大人気の日本人デザイナーのかごバッグ。レザーのフリンジがおしゃれです。持ち手部分を中に折り込むとインテリアバスケットに。

 

 

 

よそ行きにもおすすめのワンピース。いろいろ。

  

 

ワイドパンツはちょっとサイケでレトロ柄が新鮮。

いつものカットソーに合わせてシンプルに。

 

 

以上、買付ファッション品の一部をご紹介しました。いかがでしたか?

この他にも店頭には、いろいろと楽しいウエアが揃っています。

サイズのご用意のあるものもあります。

お早めにぜひご覧くださいね。

 

ベトナム手仕事のブラウス

ベトナム手仕事のブラウス
毎年ベトナムへ買い付けに出かけます。かれこれもう15回以上は通っているでしょうか。
なぜそんなにこの国へ?

きっかけは、大好きなフランス人デザイナーのブランドがベトナム発信だったから。
手先の器用なベトナム女性が作る繊細な刺繍を、
それはそれは洗練されたフランス的デザインで提案してくれた素敵なリゾート的ブランドでした。
私たちも魅せられて、毎年お洋服やインテリアをたくさん買い付けさせてもらいました。

サイゴン(ホーチミン)は、かつてフランスの植民地だったため、パンやコーヒーなどの食文化始め、
工芸品も刺繍などフランス文化に大きく影響されてきました。
私が通い出した20年ほど前は、そういった手作りの素敵なお洋服やさんや刺繍屋さんががひしめいていました。
 

でも、今はもう時代の流れの中で、その大好きなブランドはなくなってしまいました。
街でよく見かけた家族で営んでいるような刺繍屋さんさえも、めっきり少なくなりました。
ベトナムの腕のいいお針子さんは減り、ファストファッションの工場が増えています。

そんな中、貴重と言っていいほど手仕事にこだわっているサロンを見つけました。
可愛らしいベトナム人がオーナーで、熟年の刺繍職人さんを雇っていますが、本人がお裁縫が大好きと語ります。
写真のブラウスのレースも彼女が編んでいます。丁寧に時間をかけて作られた洋服や小物。
ああ、こういう人からこういう物を買いたいな、と思いました。

わずかに残る手刺繍にこだわる小さなお店、
お針子さんを抱えて丁寧に洋服を作っているようなお店がある限り、
またホーチミンへ通いたいと思います。

日本の女性は、手仕事のよさを理解し大切にしてくれます。
なくなりつつあるベトナムの手作り文化を残していきたいですね。

 

ハンドメイドレースのブラウス(Timi.ベトナム)左¥15.000(税別) 右¥18,600(税別)  
ガラスのロングネックレス(ツバメガラス.日本)¥4,000(税別)
 

ベトナム手仕事のブラウス